大東市・鶴見区・東大阪での軽自動車購入なら軽自動車専門店ひまわりコーポレーションへお任せ下さい

ひまわりコーポレーション
0120813990

ひまわり最強低金利

ひまわり最強低金利

ひまわりコーポレーションのクルマはなぜ安いのか?

秘密を正直に公開します!

ひまわりコーポレーションは、国内すべてメーカーの軽自動車を「観て、触って、比べることのできる」大阪最大級の軽自動車専門店です。人気のスライドドア車や39.8 万円から買える軽自動車、人気の新車を大量展示しているわけですが、私たちは、販売しているすべてのクルマを、0%〜2.9%という他では考えられない超低金利で販売することにしました。

新車・未使車に1.9%の超低金利を適用します!

ひまわりコーポレーションの最強低金利とは?

こんにちは。ひまわりコーポレーションの社長をしております大堀でございます。お客さまにはよく「怖い顔やなぁ」なんて言われることもありますが、全然そんなことはありません。いつもニコニコ和歌山在住2児のパパです。そんな私が、ひまわりコーポレーションの軽自動車が安い理由をお話しいたします。

ひまわりコーポレーション最強低金利
まず最初に、1.9%という金利がどれだけ低い金利であるか?をあなたにご説明しておきたいと思います。たとえば、金利1.9%で100 万円を12回払いで借りたとすると、この100万円にかかる金利は10,321 円となり、月にたった860 円となるのです。 これだけ金利が安いと、大切な100万円は手元に置いておき、ローンを組んだ方がお得な気がしませんか?ちなみに、私たちが調べたところ、大阪市の自動車ディーラーの平均金利は9.8%です。同じ車を買うのでも、他店で買うのとひまわりコーポレーションで買うのとは、総支払金額に大きな差が出るのです。

Placeholder image
Placeholder image

最強低金利の秘密とは?

イオンとひまわりコーポレーションがタッグを組みました

なぜ、ひまわりコーポレーションはこの超低金利を実現できたのでしょうか?それは、ひまわりコーポレーションの信用力で、超低金利を実現できる新しい会社と取引できたことです。イオンファイナンスさんと私たちがタッグを組むことで提供できる超低金利が「ひまわりコーポレーション最強低金利」なのです。

Placeholder image

なぜ私たちは低金利にこだわるのでしょうか?

それは、単純に「車は高い買い物だから」につきます。できるだけ良い車を、できるだけ安く買って頂きたい。それが、超低金利なら無理なく買えるようになるのです。手元に現金がなくても、人よりワンランク上のクルマに安い月々費用で乗れるようになるのです。

金利が安いとワンランク上の新車に乗れる

良い車を現金で買おうと思うと、たくさんの手持ち資金が必要です。この課題をクリアしたのがひまわりコーポレーション最強低金利というわけです。最強低金利を賢く利用していただくことで、無理なくワンランク上の新しいクルマに乗ることが可能になります。

最近は画期的な技術が投入されるクルマが次々発売されています。私たちのようなクルマのプロからみると、今は新技術の新車へ3年~5年で買替えをするのが、もっともコストパフォーマンスが良いと感じています。たとえて言うと、古いエアコンを大切に使うより、あるタイミングで最新エアコンに買い替えた方が、トータルコストが安くなる・・という感じでしょうか。

軽自動車は、新車を買って10年乗るのも5年乗るのも、結果的に同じコストを払うことになるのです。5年乗っても下取り価格が新車時の半分くらい査定額として出ますからね。そう考えると「3年~5年くらいで最新技術の車に買替えるのがもっともコストパフォーマンスの高いカーライフとなる」ということになります。ひまわりコーポレーションでは、今お乗りになられている愛車を仕入れ価格で買い取っています。ぜひ愛車を査定に出して、新しいクルマに乗り換えることを考えてみてください。きっと「えっ?こんなに安い金額で、新しいクルマに乗れるの?」と、びっくりすると思うのです。

超低金利はこれから常識になる

ひまわりコーポレーションが挑戦する超低金利0%~2.9%は、自動車販売業界に大きな影響を与えていくでしょう。今後、低金利の店が増えることによってユーザーは無理なく新しい自動車を購入することができるようになるはずです。いまは購入時の値引きにこだわるお客様がほとんどですが、金利差やローンについての差の方が大きいことを知って頂けると思います。この最強低金利は、ひまわりコーポレーションの企業努力とイオンプロダクトファイナンスの提携協力によって実現しています。これからも、さらなる企業努力によって皆さまに選んで頂けるお店として、大阪のトップランナーであり続けたいと思います。

PAGE TOP